らくな姿勢を保つには?

おはようございます☀️Ägg佐和子です!

昨晩はなかなかテンションが高くて
眠ようとしない、1歳児のムスコ

満月🌕のせい?
昨夜の満月は
今年ナンバーワンの
ビッグムーンのようでしたね

低血圧のわたしも昨夜は
なんだか血圧高かった気がします


そしてムスコの甘えんぼ坊が
かわい過ぎて
私が私でなくなる毎日

✴︎✴︎

さて今日の本題です。


「本来の筋膜リリースなら、
一度整えればもどりづらい楽なカラダになる」
と言うお話です。


筋膜リリースは
姿勢改善にとてもよい手技法。
そして歪んだカラダも
ビックリするほど
戻りづらくなります!


「本来の」
というのは、ちょっと気になる刺激の仕方が
定番化されていないかしら?
と感じるからです。


それが器具を使った筋膜リリース。
コレみた時、

ん?
筋膜にアプローチしてるのかな?
ちょっと違うんじゃ?
オトナの事情?


おそらく筋膜について日本で知られるようになってあまり月日が経っていないので
言葉だけが走り出して🏃‍♀️
実は筋膜のことがよくわかっていないのかもしれません。

それで成り立ってしまう
言葉マジック、オソロシヤ。
ビッグワード。

それでいうと四十肩、五十肩も
ネーミングがおもしろい。

歳だから〜。
とカンタンに理由づけさせちゃえるやつ。




ではちょっと説明。
お付き合いください。

筋膜って??
【筋膜=セーター】
という想像をしてみてください。

セーターがほつれて
ほつれた糸をピッとひっぱると
クシュッと縮まる箇所が
筋膜が癒着していると表現しているところ。

筋膜は網目状のセンイ質になっていて
全身(筋肉など)を覆っています。
(モジモジくんが着ている
全身タイツのようなイメージ!)

クシュッとしているところから
姿勢が崩れていったりします。
(クシュッとしてしまう原因は様々です。)


そしてクシュっとしているところを
元の状態に整えたいのですが

器具を使うと
どうしてもトリガーポイントのように
一部だけに刺激が入ります。

実は筋膜ではなく
筋膜を超えて筋肉に刺激が入りやすい

そのアプローチ法だと
筋膜を整えられず
(刺激が入ってもごく一部だけ)

さらにはカラダのバランスを崩してしまうことさえあります!


大人の事情、とか言ってられない。


あとは筋膜が緩んでいるところ。
そこも内側の筋肉が使いづらくなっているので整えてあげます。

筋膜のケア、
適切にすると身体が開放されて、
適切に筋肉を動かせるようになります。

運動している方にもうってつけ。
ケガをしにくくなります。


一度しっかり筋膜ケアを体感してみると
よ〜くわかります。

情報の渦に巻き込まれず
言葉に惑わされず
現実や真実を知り
快適にいきましょう◎

そのためには
なんでも実際にみたり
経験して感じることがだいじ◎




✴︎施術ご予約はこちらからどうぞ✴︎
✴︎情報配信中✴︎
Facebook

Ägg アグ 〜Body consulting salon〜

機能改善 ボディコンサル 筋膜 筋肉 骨格 リメディアルセラピー アロマセラピー ストレッチ ピラティス