魅力を出せない原因




自分の魅力を発揮することってどういうことか?

結果、どういう世界になるのか?




自分が魅力的である結果、他人もともに魅力がほとばしってしまう状態が、理想的ではないだろうか。




なんだかこれまで、自分が魅力的になるってどこか抵抗がでてこなかったですか?




魅力の『魅』の漢字の成り立ちを調べてみると、

【はっきり見る事のできないもののけ(人間に憑いて苦しめたり、病気にさせたり、死に至らせたりする霊)】を意味する「魅」という漢字が成り立ちました。

とある!


なんだかよくないイメージで、そこが魅力的になれない、なにかをとめているのではないか?



でも本来的には、先ほども言ったように、自他ともに秘めた美しい力を持てるようになる、相手とぶつかるのでもなく、相手の力を落とすのでもない、相手の力をどんどん引き出し、共にパワーアップできる。

そういう世界になるために、魅力的になる必要があるのではないでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

究極の美調整

次の記事

美調整とは